手間の少ない粗大ごみの捨て方

粗大ごみを自治体の回収に出そうと思ったら、電話して手数料券を買ってと手間がかかりますよね。回収日まで1週間以上かかることもあります。ものにもよりますが、そんな手間をかけずに粗大ごみを捨てる方法があります。1つは小型家電回収ボックスに出すこと。役所の入口やスーパーなどに置かれています。ボックスに入るサイズでそこまで自分で持っていけるものに限られてしまいますが、お金がかからないという大きなメリットがあります。思いたった時にすぐに捨てられるので、何日もごみに場所を取られたままにならないのも便利です。もう1つは不用品回収業者に出すこと。ポストに不用品回収のチラシが入っていたことはありませんか?家電やなべ・フライパンといった金属ごみを回収してくれます。無料回収の対象なら、指定された日にチラシを貼って出して置くだけでOKという手軽さなので何度も利用しています。ただし、何でも回収してくれるわけではないので、対象となるものをしっかり確認しておきましょう。チラシだけでは判断できない時は、電話で問い合わせれば対象かどうかを教えてもらえました。無料で回収してくれるものではなくても、買い取りがあったり格安で回収してくれるケースもあります。