市の回収と民間業者を利用

結婚をすることになり新しく家具を新調することになったため、兵庫でも不用品回収をするにはこんなにもとてもこれまで一人暮らしで使っていた家具を処分しなければならなくなりました。処分する家具のうち、粗大ゴミはベッド、テーブル、本棚、カラーボックス、自転車でした。最初、粗大ゴミの処分の仕方がわからなかったため、インターネットなどでいろいろ調べるところから始まりました。調べたところ、基本的には市の粗大ゴミ回収で持っていってもらえるけれど、不要品回収の業者に頼むこともできるとわかりました。当時、私が住んでいたアパートはゴミ置き場が遠くて一人で粗大ゴミをゴミ置き場まで運ぶのはとても大変でした。そこで私は自分で運ぶことができる比較的軽いものは市の粗大ゴミで回収してもらい、運ぶことのできない重いものは不要品回収の業者に持っていってもらうことにしました。市の粗大ゴミ回収に出したのはカラーボックスと自転車です。これはあらかじめ市のホームページにアクセスして粗大ゴミ回収をインターネット予約し、回収日にあわせて粗大ゴミ置き場に持っていくことで処分してもらいました。ベッド、テーブル、本棚は不要品回収の業者に頼もうと思っていましたが、聞くところによると、後から約束と違う高額な費用を請求する悪質な業者もいるとのことでした。そこで、この鹿児島の根管治療専門医でおすすめはここにも私は引っ越しをお願いしていた引っ越し業者に相談し、良心的な不要品回収業者を紹介してもらいました。引っ越し業者から紹介してもらった業者はとても親切で費用も良心的でした。このような経緯で、私は無事粗大ゴミを全て処分することができ、新生活をスタートさせることができました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク